ルート配送ドライバーの本音☆

営業マンからホワイト企業のドライバーに転職した30代前半妻子持ちのブログ

ルート配送ドライバーは割と働きやすい

■ルート配送ドライバーは穴場です



f:id:r-Haiso-sd:20170725153310j:plain

☞CD早くほしいよ!フラゲしたいよ!

ドライバーの働き方全般的に楽なんですけど、例えば好きなアーティストの新譜をどうしてもいち早く聴きたい時ってありませんか?

どうしても。好きすぎて。なんとしても。発売日前日の午前中に。とにかくなるたけ早く。

ちょっと話変わりますが、アーティストのライブがあるから会社休む人もいるみたいですからね。表向きは言えませんが。汗


それと似たようなものだと思うんですよね。


ぼくは年に何回かあるんです。それがだいたい平日発売。だから普通は仕事終わりに買う方が多いかと思います。CD買ってもすぐ聴けないですしね。

でもルート配送ドライバーなら楽勝です

まぁ昼休みに買って、車でご飯しながら悠々聴けちゃいます。しかも運転中に何度もリピートして聴けます。仕事中堂々と。一人で配送する場合。複数で配送するときは難しいでしょうね。(※ちなみに車にオーディオある場合のみ)


家でじっくり聴くのもいいんですが、とにかく一刻も早く聴きたい時は「この仕事で良かった~!」と心から思います。あっ、営業マン時代も出来ましたけどね笑。

この件に関してはルート配送ドライバーより営業マンの方がCDショップに行くのが簡単かもしれませんね。

でも気持ち的にはルート配送ドライバーの方が楽ですよ。仕事中電話も来ないから邪魔者も来ないですし。

まぁCD聴くためにルート配送ドライバーやってるわけではないんでこんなことは重要なことではありません。でも少なくともぼくは結構心の安らぎになってます。ストレスがないです。

「忙しい僕ら」にはいい職業ですよ!ルート配送ドライバー。

青井でした。それでは。

ひとつの感謝。そして家族への感謝

■ひとつの感謝


f:id:r-Haiso-sd:20170722182152j:plain

☞それは今の会社の社長への感謝


やはり会社というのは社長によって決まります。社長が「こうするんだ!」と決めたらほとんど動かしようがありません。特に中小企業は。

それこそ営業マン時代は当時の社長のやり方に納得出来なかったが、やらざるをえなかった。無意味な残業や休日出勤も仕方なかった。

でもルート配送ドライバーとして今の会社へ転職したら残業もないし、休日出勤もない。

それはやはり社長が考える会社の方針によるところが大きい。そしてそれが社風になっていく。昔の会社は早く帰りづらい状況であった。

でも今はみんな早く帰る。だいたい定時にあがる。
それが当たり前なのだ。

今の社長へは感謝しかない。
社長はあまり売上を伸ばさないというような方針を取っている。厳密に言うと無理して伸ばさなくてもいいという考えだ。

普通は無理してでも売上を伸ばせ!という会社が多い。現場でも売上考えろ!とか。
しかし今の会社は社員の満足を第1に考えているので売上を伸ばせというような発言をしない。売上は社長自らでなんとかするからぼくら社員は自分のことをやりなさいという感じです。だから辞める社員もいない。

今後はブラック企業は淘汰されホワイト企業が増えてくるだろう。



☞そしてあとは家族への感謝

家族がいるから頑張れる。妻と子どもたち。定時上がりなのでパパが早く帰るとうれしいようだ。

ぼくも家事育児手伝えるので残業なんてなくていいと思っています。

会社も育児への理解もあり、win-winの関係です。

これからの未来はそういう働き方が当たり前になっていくはず。

理想はもっと上がるの早くてもいいんだけどね。それは今はまだ時期尚早ですね。笑

7時間労働だって?じゃあドライバーの労働時間はどうなんだい?

■ドライバーはそもそも実質3時間労働です

f:id:r-Haiso-sd:20170719171735j:plain


☞午後4時退社で7時間労働を実践している会社があるらしい


ネタ元はコレ↓

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00113736-okinawat-oki



→記事を簡単にまとめると

昨年7月から(およそ1年前)沖縄県のコンクリート製品製造会社が一日8時間労働を7時間労働に減らし、社員の家族との時間を増やすことに成功している。

製造業は労働時間が長い典型例だが社員の働きやすい環境を作ることを重要視し、改革に取り組んだ結果だ。業績は昨年と変わらずだか、時間内に終わるよう工夫し、労働生産性は上がった。

という内容



確かに製造業で1時間労働時間が少なくなったら工夫しないとダメでしょうね。それで労働生産性を落としてないってことは本当に社員の努力があってのことでしょう。素晴らしいです。



☞そもそも8時間は長い

でもそもそも8時間って長くない?って考えもありますよね。仕事って結構“空白の時間”が発生したりする職種もあります。

例えば営業マン。アポまでの時間の空白。暇です。お客さんあってのことなんで仕方ないんですが。製造業だって日によっては受注が少なくて作るものがないとか。飲食店やサービス業ならお客さんが入らない日があったり。
結構空いて暇な時間があったりします。

でも働くと9時間(8時間と休憩1時間)は必ず拘束されてしまう。

ちなみに残業はもってのほかですよ。残業当たり前な時点でブラックです。もうブラック企業というのは淘汰されていく時代です。社員のことを考えてない企業というのは潰れます。



☞ならドライバーは?

それで本題のドライバー。ドライバーも色んな種類ありますが、ぼくが今やっているルート配送ドライバーについて。今の会社、実働は8時間なんです。

けどほぼ毎日2時間は浮いています。マジです。ただから中身は6時間労働ですよ!これすごくないですか?

しかも6時間のうち3時間は運転。運転=ドライブと思えたら運転なんて気楽ですからね。決まりきったルートですし。つまりいつも走り慣れてる道だから迷ったりしません。無駄な時間が発生しないんですよ。

だから本当に仕事してるって言えるのは3時間だけ。汗


はっきりいって楽な仕事です


これが言いたかった。笑


まぁ会社にもよりますし、運転をドライブと思える感覚にもよるんですが、ルート配送ドライバーって結構楽だと思いますよ。


ルート配送ドライバーは労働時間が3時間だけ!

午前中で終わると言っても過言ではありません!(←言い過ぎ)

ただその3時間が体力的にしんどい時はたまにあるとは言っておきます。夏は汗ダラダラですし。でも適度な運動と思ってれば苦でもないんですけどね。


今日はこれまで。青井でした。

ルート配送ドライバーなら甘い汁が吸える。あと3年は…

■2020年すぎまでは甘い汁が吸える仕事があります。あまり知られていないがそれは…ルート配送ドライバー

f:id:r-Haiso-sd:20170715233041j:plain


ルート配送ドライバーならあと3年は甘い汁が吸えます。

2020年頃までは比較的いい条件で働けます。それは2020東京五輪があるから。東京五輪で潤うホテル業界納入のルート配送ドライバーなら好条件で働くことが可能です。

そして今からおよそ3年後。東京五輪。そこらへんから甘い汁が吸えなくなるかもしれません。

理由は皮肉にも東京五輪です。2020年東京五輪を分岐点とし、外国人のドライバーが一気に増えるからです。


☞人手不足を補うには?


ここ最近はドライバーが人手不足だってニュースでよく流れてますよね。でも本当なの?って話です。


確かにまわりの状況見ても、どのドライバーも人手不足だとは思います。配送業界にいるので情報はそれなりに入ってきます。募集も相変わらず年中かかっています。


でも本当の本当に人手不足なら外国人がやってるんじゃないかと思うんですよね。

コンビニバイトとかまさしくじゃないですか。最近コンビニなんてほとんど中国人か東南アジア系ばかりですからね。レジで日本人に出くわすと「おお!日本人だったんか」ってなぜか驚くくらい。そんだけ外国人ばかりになりましたよね、いつの間にか。

つまりコンビニなんてやりたがる日本人はいないってことですよ。人気ないんです。


それで本題なんですけど、ドライバーも全般的に人気ないんですが、ドライバーはまだほとんど日本人ですよね。タクシーもバスもトラックも。

ぼくのやってる配送業界も。大手のヤマ○運輸なども外国人のドライバーっていないですよね。見たことない。いるのかもしれませんが。少なくともぼくのまわりでは。


☞外国人がドライバー出来ない理由は主に3つ


一つは車の免許の関係もあるでしょうね。日本の交通事情は海外と違うでしょうから。日本に長年いて運転もある程度してないとダメでしょう。

それともう一つはコミュニケーション。やはり客先で多少のコミュニケーションは必要ですから。そして社内フィードバックも必要。
これは外国人だとちょっと難しいかも。やはり微妙なニュアンスが。長年日本で働いている人で割とコミュニケーションも取れる人じゃないとダメですね。


あと最後に安心感。
例えばいきなり家に外国人が配達に来たらびっくりしませんか?ちょっと怖いかも。抵抗あるかも。ってぼくは思います。まだピザ屋とかも外国人ドライバーはいないでしょ。中華で中国人ドライバーならいるのかもしれません。なんとなくイメージですが。


だからまず大手の配送会社が、これから外国人を雇います!と周知させて→それで大量に雇う。そうしたら他の会社や中小企業なんかもその流れに乗りやすくなります。それでスムーズに雇える流れが出来ると思うんです。

そういう周知させるというアクションがないと外国人ドライバー?大丈夫?って感じします。色んな意味で。偏見とかはないですよ。ただまだ浸透しないと難しいと思います。


☞でも確実にやってくる外国人ドライバーの時代

それでもやはりドライバーは人手不足。どうにか補充しないといけない。そうなるとどうしても外国人ドライバーしかいない!となります。

それは確実にやってきます。そしてそれは東京五輪のタイミングです。グローバルを謳い、抵抗をなくし、外国人ドライバーも受け入れやすくなります。
そうなったらわれわれ日本人ドライバーもどうなるかわかりません。賃金の安い外国人ドライバーに取って代わられる可能性はあります。


☞だから3年なんです

だから3年は甘い汁が吸えると最初に言いました。ルート配送ドライバーは今が狙い目です。転職を考えているならチャンスは今。


3年は安定します。

3年をどう考えるかは人それぞれです。


ただ3年後実際どうなっているかは…
誰も知る由はない。


もしかすると外国人じゃなく自動運転が普及しロボットが配送してるかもしれませんよ。笑


お楽しみということで。

青井でした。それでは。

30代で年収400万円の超える転職。落差を利用する転職方法

■落差を利用した転職をして年収アップさせちゃいましょう!


f:id:r-Haiso-sd:20170713222447j:plain




☞30代で年収300万円台。400万円の壁。「果たして今のままでいいのか?…」


あなたもこんなことを考えたりしたことがあるんじゃないでしょうか。


ぼくも以前はブラック企業の営業マンでバリバリ年収300万円台したのでこの気持ちは痛いほどわかります。


☞まずは400万円を突破せよ!

2016年の30代の平均年収は467万円だそうです。



年代   平均年収
   全体 男性 女性
20 354万円 374万円 324万円
30 467万円 501万円 390万円
40 564万円 616万円 425万円
50 701万円 744万円 461万円

DODA 2016年平均年収より抜粋



つまり300万円台なら低いってことです。やはり30代ともなれば400万円代台はもらいたいところ。でなければいつまでもブラック企業で300万円台でこき使われて終了する可能性大ですよ。
(というか男性だけ見ると501万円と500万円超えちゃってますね。これはちょっとハードル高いです。汗)




会社の将来性もなかったのもあり、営業マンの仕事も数年経って慣れた頃、毎日のようにぼくが抱いていた思い。それは、



「なんとか400万円はいきたい」

☞無理なく最短経路で400万円台に突入する方法

とりあえず平均年収と行かないまでも400万円を超える方法って?


今の会社で昇給?

誰もがまず考えることです。現実路線でもあります。
でも無理無理。何せずっと上がってないんだから。ボーナスだって雀の涙(;_;)
何年先のことやら。。こんな感じの会社は多いんじゃないでしょうか。
ぼくの前の会社のように。




なら副業でもやる?


確かにそれが出来れば一番いいのかもしれません。
でも自分に何が出来るのか全くもってわかりませーん(ノ´・ω・)ノ

ましてやブラック企業で心と時間のゆとりもなく、副業の余裕もなかったりするんですよね。




もう打つ手がないのか。。



あっ!あと一つ残っている方法があった!


それは、


「転職」

(無駄にためる必要なし。汗)



☞やはり早急な年収アップなら転職


近年活発になっている転職市場。ブログの広告とか見てもわかりますよね。転職エージェントとか転職系はよくリンク貼られてますよね。それだけ広告に投資する価値があるということです。

転職で年収をあげる。これこそが一番の近道です。確実で無難な道です。


ぼくも転職で年収アップしました。

というか他の方法はぼくみたいな凡人には無理でした。すぐにでも年収アップをしたかったというのもあります。二人目の子供のこととかちょうど考えたりしたんで。まぁそれはさておき。



30代ならまだまだ勝負できるます!というか30代が一番年収アップ可能な年代です。

この記事より参照↓
https://doda.jp/guide/manual/1/004.html
DODA 「転職で年収アップするのはこんな人」

こちらにも載っていますが年収アップ率は20代後半が一番高いですが、年収アップ金額は30代が最も多い。
30代前半ならなお良し。


☞落差を利用する

会社が変われば全てが変わる。これは真実です。

ぼくも前の会社はきつく、厳しく年収も300万円台でしたが、今の会社では以前より楽になり残業なし。それで400万円台に年収もアップしました。


ぼくは営業マン→ルート配送ドライバーへ転職してます。



つまり同じように働いたとしてもある会社では300万台。もう一方の会社は400万台。ということはありえるのです。

ぼくの場合は働く時間も短縮され仕事も楽になりました。

それは儲かってる業界だったり、その時の会社や市況などの状況にもよります。ボーナスも左右しますね。その落差を上手く探し出すことが重要です。



今転職市場はまさに売り手市場です。今追い風が吹いています。

年収アップは可能です。特に今300万円台の30代なら可能性高いです。400万円台目指せます!ぼくもアップしましたから。それで生活も少し余裕出てきましたよ。



☞ 転職エージェントをうまく活用する


今転職活動するなら転職エージェントを使うことをおすすめします。まずメリットとして非公開求人があること。これは言わずもがなですが、転職エージェントあなたに合う会社を見つけてくれます。

そして年収交渉もエージェントがやってくれます。年収というのは自分で交渉しにくいものです。
なにせ雇われる身ですから。


だからエージェントに替わりに交渉してもらうと上手くいく可能性大ですよ。転職エージェントって本当に親身になってやってくれるんですよ。(まぁ採用決まればそれなりの報酬になるみたいですから当たり前なんですが。。)


とにかくあなたの幸運を祈っています。

それではまた。青井でした。

小さいうちの子供との時間は決して戻らない

■転職して正解だった


f:id:r-Haiso-sd:20170710001223j:plain


☞転職して子供との時間が出来たことは正解だったと思える出来事があった


この前うちの奥さんの女友達が家に来て

奥さんの友達「毎日何時くらいに帰ってきてるんですかぁ?」

ぼく「だいたい19時くらいですね」

奥さんの友達「いいですね~ウチなんて夜12時とかですよ」

そんなやりとりをして思った。

その家族はそれでいいのだろうか?
全く余計なお世話ではあるが。


☞毎日の帰りが遅い

旦那さんはIT関係の仕事をしているようでいつも帰りが遅いようだ。

だから子供が2人いるんだけど一人でお風呂に入れて寝かしつけまでやってるらしい。
子供はまだ1歳と2歳くらいで小さいから大変だ。

まぁその人は専業主婦で子育ての余裕もあり、旦那さんもそれなりに稼いでいるみたい。
まぁ土日休みならそれはそれでいいしね。土日は目一杯子供と遊ぶ。


ぼくは前はそんな生活サイクルだったんです。土日休みで。前の営業マン時代なんですが。

でも平日子供が寝た後に帰ることが多かったんで、なんかモヤモヤしてました。

土日だけでいいんかな~?というか平日がなんか物足りないというか。


だけどルート配送ドライバーに転職してそれなりに早く帰れるようになり、毎日確実に子供との時間が出来ました。

一緒にご飯食べて風呂入って寝るまで2時間くらいだけど。毎日確実ってのがデカい。

小さいうちのその2時間がかけがえのない時間になっていくじゃないかな。
ぼくはそう思います。

これは個人差あるので一概に言えないけど。家庭の事情もあるでしょうし。

ただ小さい子供との時間は絶対に戻ることのないモノ。それは確かに言えること。


☞あなたが何を大事にするか

何が大切か。その考え方次第です。

ぼくは子供との時間が増えて良かったと考えています。ルート配送ドライバーに転職して良かったですよ!

ルート配送ドライバーに転職するなら早い者勝ち。ルート配送ドライバーの転職状況

■ルート配送ドライバーになるなら今が最適

f:id:r-Haiso-sd:20170707152228j:plain


☞あいつ営業マン辞めるってよ!


この前知り合いがもう営業マン辞めるって言ってて

「じゃあルート配送ドライバーどう?」

って声かけてみたんだけど、

「配送?うーん・・」

って浮かない返事を頂きました(;^_^A


やっぱり配送ドライバーってそんななりたい仕事じゃないんですかね。(←まぁその通りでしょう笑)



その人はブラック企業の営業マン。なおかつ営業マンだけど配送も結構やらされてたからいんじゃないかな~と思ったんですけどね。




☞ルート配送ドライバーは人手不足


今ルート配送ドライバーは人手不足の状態です。だけど人気はありません。
人手不足で人気も不足。つまりいいところなし。汗

おそらくあなたも知り合いの営業マンと同じようにそんなにルート配送ドライバーに良い印象はないと思います。



それは一つはイメージ。キツいとかブラック企業とか。

確かにブラックでキツい会社は未だに存在しています。

あとは仕事内容。
運転と納品の繰り返し。商品も毎日触れば嫌でも覚えます。だから確かにマンネリ化します。



☞だけど今状況は変わりつつある


昔ならそんなイメージでしたけど、今転職市場は売り手市場ですし、ドライバー業界も大手の残業問題等もあり、業界全体を見ても待遇も改善されつつあり、結構ドライバーに優しくなっています。


だから今ルート配送ドライバーはいいと思うんですよね。

ぼくもルート配送ドライバーやってますんでなんとかドライバー業界が少しでも良く見られればと思ってます。



☞2020東京五輪特需という希望


ただ単純にルート配送ドライバーに転職するよりもいい方法があるんです。

それは2020東京五輪で潤うホテルに納入している会社を選ぶことです。

2020年東京五輪に向けて新しいホテルがどんどん開業しています。

これにより今までホテルに納入していたルート配送の会社は新しい同系列のホテルへの納品が新たに始まります。

つまり何もせずに新規開拓。売上アップ。だからドライバーへの転職時の給料も以前より高めに設定されている可能性あります。


☞とにかくルート配送ドライバーは今が狙い目

早い者勝ち。決定してしまうとまた誰かが辞めない限りはどんどん枠は埋まりますからね。

本当に早い者勝ちだと思います。



あっちなみに知り合いの営業マンは昔の会社でまた営業マンやるみたいです。元サヤ。結局営業マン。
やっぱり営業マンはずっと営業マンって人は多いですね汗。まぁ気持ちはわかります。




最後にぼくは言いたい。声を大にして言いたい。



営業マンこそルート配送ドライバー向いてるよ!



なにせぼくがそうです笑